【旅行記】カンチャナブリーとエラワンの滝を1日で【2019】

旅行記

カンチャナブリーとは

カンチャナブリーは、タイの観光名所で、首都バンコクから北に130キロほど離れた位置にあります。「泰緬(たいめん)鉄道」や映画「戦場にかける橋」で有名になったクウェー川鉄橋が有名で多くの観光客が訪れています。

タイ・バンコクに訪れた際に行きたいスポットなのですが、遠いためこれだけで1日の観光が終わってしまうことが多いです。

そんな中で今回は、カンチャナブリーとその近くの(と言っても70km離れている)エラワンの滝を同時に観光してきました。エラワンの滝とは、「 タイで一番美しい滝」として知られ、多くのタイ人の憩いの場となっています。この滝には天然のドクターフィッシュが泳いでいます。

車をチャーターします。

ツアーにするか、レンタカーにするか、チャーターにするか、自力で行くかとなるのですが、チャーターにしました。3人で行ったというのが大きかったです。

チャーターは、kkday というサイトで行いました。

タイ・カンチャナブリ1日ツアー|クウェー川鉄橋/ 死の鉄道 / エラワンの滝/ 戦争博物館:貸切チャーター車
バンコク出発、チャーター車で秘境・カンチャナブリーを訪れる日帰りツアー。プライベートな専用車両で、タイの人気観光地へご案内します。映画「戦場にかける橋」で有名なクウェー川鉄橋や泰緬鉄道など、5つのモデルコースからお選びください。貸切なのでフレキシブルなアレンジも可能です。

本当は現地交渉するのが安いと思うのですが、日程的にミスできないと思ったので。

これがなかなか良かったです。車は5人のりでしたが、3人だったので快適でした。

まずは鉄橋へ

まずは有名な映画「戦場にかける橋」で有名になったクウェー川鉄橋へ行きます。鉄橋近くの駅から電車に乗って、タムラセーという駅まで行くのが当初のルートでした。ちなみにバンコク発なのですが、朝6時出発ですw

鉄橋に着くとすでに多くの観光客が。この鉄道ですが、普通に走っているので電車とスレスレのところで、写真が撮れたします。

電車を待っても来ません。この日は土曜日で遅延しているとのこと。そのため、予定を変更して先にエラワンの滝へ向うことになりました。チャーターだとこういった変更が効くのがいいですね。

エラワン国立公園へ

エラワン国立公園まで1時間ほどあります。かなりの田舎でした。入園料として、大人300バーツとなります。タイ人は無料です。まあまあします。

滝へ行きます。

美しい???ですかね。

エラワンというのは神聖な白い象という意味らしいので白いからOKなんですかね。

でもまあ気持ちいいですよ。はい。

この滝は7つのエリアに分かれています。

レベル7までは時間がかかるので、一番上まで行きたい場合は、時間と相談ですね。私たちは4までにしておきました。個人的には3(写真2枚目)が一番良かったです。

ドクターフィッシュがいます。

この滝には天然のドクターフィッシュが泳いでおり、角質を取ってくれます。くすぐっったい。

昼飯を食います。

ここエラワン国立公園の敷地ないには若干の飲食店があります。ホットドッグを食しました。これで130バーツ。味は普通です。

そして、エラワンの鉄道に乗るため、タムラセーへ移動します。

タムラセー着

ここからクウェー川鉄橋まで電車で移動します。1時間くらいでした。

電車を待っている間は、線路歩いてを見学します。

普通に歩いていいそうで

電車に乗ります。

少しボロいですが、人がほとんどいなかったため快適でした。

景色は最高でした。

1時間ほどでクウェー川鉄橋に到着です。多くの人が写真を撮っていました。

チャーターがオススメです。

今回有名観光スポットを1日で行きました。相当疲れたのですが、せっかくなら1日で納めたいですよね。ぜひオススメしたい観光ルートでした。

チャーター費などいろいろ込み込みで18000円ほどでした。

4人なら1人5000円切ります。1人なら、観光ツアー。複数人ならチャーターが良さそうです。

この記事はこのへんで。

【注意】
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。場合によっては著作権に基づき損害賠償請求をさせていただく可能性がございます。画像を利用したい方はツイッターやコメントにてご相談いただければ幸いです。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

コメント

タイトルとURLをコピーしました